担降りしてみようとした話


お久しぶりです、あけましておめでとうございました。元来筆不精なので140字で収まらないことも140字でなんとかしようとしてしまってご無沙汰しておりました。


下書きには結構溜め込んでるんですよ…バニボ円盤に際した感想兼ダイマ記事とか…サマパラ円盤出なさすぎて真冬にサマパラの回顧はじめた記事とか……とか………………いつか日の目を見る時が来たらその時はよろしくお願いします。まぁ私あるあるとして書き始めて3日以内に投稿しなかったらだいたいがお蔵っていうのがあるんですけどそれはさて置き



さて、


少々物騒なタイトルでお届けしております。


でも結果的にぜんっっっっぜん暗い話じゃないですマジで。なんかのちのち笑い話に出来そうだな〜と思ったのともう今でも自分では笑い話としてまとまったから書き残しておこうと思って!!読後感暗くないよ!!!大丈夫!!!




本題に入ろう!




今の私の担当は、ジャニーズJr.のSixTONESというグループに所属している田中樹くんです。


思えば樹くんを初めて生で見て、この人の担当になろうと思って1年とちょっとになりました。


Jr.担にだけはならないと思ってたのに新橋演舞場で背中蹴り飛ばされた - (ここにタイトルを記入)



懐かしい〜〜〜〜!




去年の2月、新橋演舞場で初めてSixTONESを、樹くんを見て、スト担を樹担をやろうって腹括ってからこの1年、ありがたいことに同じようにSixTONESが好きで応援しているたくさんの方と知り合うことが出来て、樹くんにはたくさんステージに立つ機会があって、その中で今までの自分では考えられなかったくらいそれらを見に行くことが出来て、


好きになったばっかりなのにこんなに恵まれてて楽しくて充実してて良いことしかないな!?あとみんなド新規に優しいし用がなくてもオタクと会う用を作ることになるほど普通に親交を深められるのすごくない!?!?!?下手したらリアルの友人よりオタクと遊んでない!!?


って感じで。



樹担になって出来た交友はもちろんだけど、何より現場に行くのがひたすらに楽しくて仕方がなかった。
「こいつ初年度からかっ飛ばしてんな〜」って多少は思われそうなペースだったとは自分でも振り返ってみてそう思うけど、同じステージを何回見てもそこにいる樹くんをずっと見ていることに“飽き”は少しもなかったし、樹くんのアイドルとしてのこれまでの長い年月はもう見ることは出来ないけど、今の樹くんのことは、行けるなら、見られるなら、少しでもたくさん見たいし、その場にいたいと思ってのことだった。


そう言うと下手な使命感みたいだけど、そうではないと思ってる。ただ単に自分が楽しいから。夢中になれているから。


使命感での応援はきっといつか必ず楽しさよりも他の何かが大きくなってしまうし、過去の記事でも私自身デカデカと「アイドルは娯楽」って言ってる。いくらお金を使っても娯楽に過ぎない。趣味の範疇だ。自分が楽しむためのものだ。




そんなこんなで夢中になれる趣味を見つけて、この1年自分史上最高にのめり込んだ。



SNSも発達した時代だからオタク界隈もいろんなことをすぐに発信出来るし、私自身も某青い鳥を利用して見たこと、聞いたことを発信している。そうしていたら1年足らずでたくさんの人に見てもらえるようになった。ありがたい反面、窮屈に思うこともあるし、匿名で傷付くことを言われたりもした。でも、SixTONESは何も変わらないどころかバリバリにカッコよくなっていく一方だし、私が樹くんを好きな気持ちも変わらなかった。




と、そんなことは今はあんまり関係がなくて、





きっかけは、先日のJr.祭り 大阪城ホール公演だった。


公演を重ねるごとに、なんとなく、本当になんとなく、ふとした時に、片手間で見ているような気がした。セトリも頭に入っていて、心から楽しんで見ている時間と、そうでない時間とがあった。その区切りを自分で付けていた。それどころか、樹くんの名前のうちわを持ってる人本当にたくさんいるなぁ、なんて客席のことまで気になり始めた。これが“楽しんでいる”のかわからなくなった。


それこそさっきの自分の言葉を返せば、使命感で樹くんの姿をずっと追っているような感じがした。





全公演が終わって、「これ今の私あれじゃね!?前の私はこういうオタクにはなりたくないな〜って思ってた類のオタクじゃね!?!?」ってハッとした。


なんか駄目な気がして、その心持ちのままその公演に誘ってくれた関西担の友人と一緒に帰るのも気が引けて、お礼を伝えて別れてそのままふらりとグッズ売り場に足を運んだ。
小雨降ってたし傘持ってなかったし昼公演でポスター売り切れてないって言われたから公演間に買い足したポスター(2本)カバンからはみ出てたけど。

城ホでの物販はその時が最後だったので、いわゆる一揆*1が行われていて、売り切れが出るたびに歓声が湧くのを目の当たりにして楽しくなった。相変わらず小雨降ってたけど。




樹くんのグッズはうちわもフォトセもとっくに売り切れていて、特に何を買うあてがある訳でもなかった。けどなんか、今の私なんか駄目だわ!と思って、とりあえず樹くんじゃない誰かにお金を使おう!(?)違う誰かの物買うわ!!(???)と思って、並びながらテントに掲示された一覧を眺めて、SOLD OUTが貼られていない何人かに定めて、列が進むのを待った(なんかもう既にこの時点でこの時の私落ち着いてほしい)。

2〜3人のフォトセを5個、1個、1個とかで買おうとしていたのだけれど(本当に落ち着いてほしい)、5個買おうとしていた某さんのフォトセ、私の前の人で売り切れた。



いや〜〜〜〜マジか!?!?あいやおめでとう!!!?、?!!でもえっっっあ〜〜〜ここ!!?!?今!?!!?!??そうか!!!?!??!?!?




結果的にそのままスッと列から外れた。


(今になって思い返すとこの時お箸は買うべきだった)




自分を省みて自担以外にお金を使おうとしたのマジでどんな思考回路だよって今ならただただ落ち着けよって諭せるけど、何も買わずに階段を下りて駅に向かってる間はツイッターも開かなかったしもちろんレポも流さなかった。ポスター濡れてるけど中までは大丈夫だよなぁとかそんなこと考えてたのかな。覚えてないけど。


小雨はまだ降ってた。





モヤモヤは消えなくて、帰り道に中学の同級生だった永瀬担*2に連絡した。



いろいろ一方的に話していたら、ふと口をついて出てきた「降りたい」。



楽しい気持ちが他のいろんなモヤモヤを下回ってしまったんだと思う。



話したのがスーパーポジティブ永瀬担なので、「いいじゃん降りてみなよどうせ無理だよ!!!」って言われた。


それまで結構どんよりしてたし「降りたい」もマジの暗めのトーンだったけど、「どうせ無理だよ!!!」ってスーパーポジティブに言われたらなんか吹っ切れて1回降りてみたら変わることもあるよな!!!って急に口調がアホほど明るくなった。


降りようと思って降りるものでもないと思うけど、その時のそれまでのオタク人生の中で抱いたことがなかったモヤモヤへの応急処置が担降りくらいしか思いつかなかった。あと「どうせ無理」って自分でもなんとなくわかってたから、降りてみてもまたケロっと戻ってくるだろうなって思ってたのもあった。じゃあ降りようとするなって話でもあるけど最低な話“降りた”って事実があった方がなんかいい気がしたから。



完全に担降りする人のテンションじゃなかったと思うけどそのまま「じゃあとりあえず1週間◯◯担やるわ!!」って返した。失礼にあたりそうなので名前は伏せるけど祭りにも出てた他グループのどなたかです。なぜそこに落ち着こうとしたのかもわからない。いや好きだよ、普通に好きだけど。


コンビニでお酒数本と野菜ジュースとチョコラ*3買って帰って、飲みながらさっき生で見た降り先(仮)のグループのパフォーマンスを某Tubeで検索して見て、とりあえず樹担でいるのをやめてみよう!ってめちゃめちゃ意識的に担降り(仮)をしてみた。



樹担じゃない(仮)からツイートも自重した。(実はちょっと出来てない)(もうだめ)



その日はそれで終わったけど(寝落ちして3時に起きてお風呂入ったから風邪引きそうにはなったけど)、翌日祭りのこと思い出したらまぁ思い出すのは樹くんのことだし(そら樹くんばっかり見てるんだからそうなるわ)、ポロポロと思い出された樹くんのことは「ここで!こうで!こうしていて!こう!ちょっと聞いて!!!」って鼻息荒くツイートしたくなるし、そんなことがメモも見返さずに思い出せるものだけでもひとつやふたつじゃなかった。




結果として、2日後にはこの時のじゅりちゃんが最高でしたツイートしてた。






早いな!!!







そんなこんなでもうバリバリに樹担なんですけど、でも意図的に降りる決心をしてみたことが結果的には良かったんじゃないかな、と思ってる。


あの時なんとなく片手間で観劇していて心から楽しめてないような自覚があるままでいたら、多分じゅりちゃん好き!!!って堂々と言えなくなっていったような気がする。



1回好きでいるのやめよう!と思ってみて、意図的にやめてみて、結果としていやめちゃめちゃ好きだわ!!!ってなったんですよ。何を思い出してもじゅりちゃんに繋がって、思い出したじゅりちゃんは全部めっちゃ好きなじゅりちゃんで!ツイート自重やめたらボロッボロじゅりちゃん賞賛ツイート出てくるし呟くたびにこういうとこ好きなんだわな!ってなるし!やっぱり私樹担だしじゅりちゃんのことを褒め称えるツイートしてる時が楽しいしそんなじゅりちゃんを見てるのが楽しいわ!!!!




っていう原点回帰がスッキリと出来て。





そうだ私じゅりちゃんがかっこよくて最高で大好きだからずっと目で追ってるんだし楽しいから樹担やってるんだよな!って戻って来られた(?)。




倦怠期から遠恋になって彼氏への好きが深まったクソダルい女友達の話を聞いている気分になってきましたね。わかります。すみません。






2日で担降り終わったけど、降りようとしてた頃の私わりと本当に暗かったんだよ……今こんなにケロっと樹担満開ツイートしてるけど………





つまるところ、オタクやっててなんかモヤモヤした時、解決策としての担降りもありかもねって身をもって思ったという話です。



趣味娯楽にそんな思い詰めんでも!とは自分でも薄々思いますけどもね!それはそれ!(前と言ってること違くない?)



私の場合は降りようとしてたその瞬間も樹担としての自分をなんだかんだで信じる(って言うと変だけど)ようなところがあって、どうせ降りられないだろうけどな!って思いながら降りてみるとかいう訳のわからないアレだったけど。



でも好きでいることを休むのが無理だわ〜!!って秒でなったので本当に降りるというか休んでみてよかったと思ってます。

あと話してみたのがスーパーポジティブ永瀬担でよかったし一部他のオタクにも打ち明けてみたら何も聞かずにテニミュ進めてくれたりしたし(最高)、旅行中オタクは「降り先(仮)のテイでお土産買って来るわ!」とか言ってくれたりみんなで降り先(仮)を褒め始めたりしたのも本当最高だった……結果として担降り宣言してからはめちゃめちゃ明るい担降り(仮)だった…………2日しか◯◯担やらなかったけどその人のことなんか人間としてめっちゃ好きになった………ありがとう……横アリでフォトセ買う……………(???)*4





備忘録として書き残してみたものの情緒不安定さがすごいので鼻で笑ってもらえればなぁと思います。こんなこともありましたがひとまず今は明るく楽しく樹担やってます〜〜!!前髪が恋しかったりはするけど!髪伸びてほしい(小声)!!顔はずっと良いけど!!知ってる!!!田中樹顔が良い!!!!!!






 

*1:自担や自担グループのメンバーのグッズを完売にしようと目論むファンによる購買運動

*2:スーパーポジティブ人の話を聞かない声がデカイ永瀬担。夏に同窓会の連絡でLINEやり取りしてたら私がアイコンだかホーム画面だかを六本木のドラ◯もんにしてたのに気付いて来て双方オタバレした。幸い(?)まだ現場では会ってないけどツイッターは垢バレしてる。これ見てる!?おもしろいから担降り経過逐一報告してねって言われたけど担降り終わったのまだ言ってないわ!!イェーイ!!!

*3:我ながらウケたから購入品並べて永瀬担に写真送りつけたらなんか闇を感じるって言われた

*4:追記:3月27日に買いましたあの時はありがとう