(ここにタイトルを記入)

ハイカーストの波に溺れる

11月10日放送の少クラを見てくれ


ということを伝えたくて超久しぶりにはてブを開きました。

伝えたいことは以上ですが、当然ながらそれだけ言ったところで説得力もクソもないと思うので、せっかくだし何故3ヶ月も放置し続けた*1ブログをわざわざ書くほどに11月10日放送の少クラを見て欲しいのかも述べたいと思います。ブログの書き方忘れた。



簡潔に述べると

SixTONESの新曲JAPONICA STYLEが11月10日(金)18:00〜BSプレミアムで初めて映像としてきちんと電波に乗るからそれを見てくれなんならついでにレコーダーも予めポチポチして録画予約もしてくれ


ということです。

ここまで読んで
「えぇっ!?今日もう10日過ぎてるのに〜〜!!!(CV:森本慎太郎)」(伝わりにくい小ネタ)
となった方!あなたがこれを読んでいるのが12日早朝より早ければラッキー!!

12日(日)AM10:00から同じくBSプレミアムで再放送があるよ!!!

12日も過ぎてるわ…って人は近くの毎週欠かさず録画してそうなジャニオタに掛け合ってみてほしいです丸投げしてすみません。でも人類って少クラを毎週録画してるかしてないかで分けられると思うので多分大丈夫だと思う(???)



さて、前置きが長くなりましたが何故ここまで10日の少クラもといJAPONICA STYLEの販促をするのかに移りたいと思います。もう一度言いますがブログの書き方を忘れた人の書いたアレなのでどうぞ広い心でお願いします。


掴みが大事だと思うのとサムネに出てくる画像のことも考えてここいらでちょっととりあえず妙に頑張ったクソコラ兼『かんたん!JAPONICA STYLEとは』貼っておきます。



ちなみに一緒につくったAmazing!!!!!!バージョンがこちらです。

余談ですが年末のジャニオタの密かな楽しみである楽曲大賞、今年の未音源化部門この2つどっちも投票対象なの本当ヤバくないですかファミレスの注文も迷いまくるタイプなのにどちらかにしか投票出来ないなんて……




本題です。




◾︎ココがヤバイぞ!JAPONICA STYLE①
〜和の世界観に織り交ぜられた色香〜

なんかそれっぽく表現してみましたがバッサリ言ったところの和エロです。ほら、マイコって和エロ好きじゃん?私も好き。ジャニオタ数年選手だいたいみんな好きですよね和エロ。つまるところSixTONESさんが和エロをやります。


ここでSixTONESさんのビジュアルがパッと出てこないな〜という方やそもそもSixTONESとは…?と思いながらもこの記事に辿り着いてここまで読んでくださった方のためにSixTONESさんこちらの6人組です

(顔が良い)



ちなみに左から身長184,175,175,177,175,174*2の高身長グループですよろしくお願いします。


この6人が和柄をふんだんに取り入れた布を思う存分使った和とカジュアルが絶妙にミックスされた多分ジャニオタみんな好きな系統の衣装*3*4*5を着、手には扇子を持ち、紙吹雪を扇子で舞わせ、扇子を翻し、歌い踊ります。



ここでこれまでのSixTONESさんのオリジナル曲の路線をちょこっとおさらいしてみようかと思います。




ヘドバン




☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..




ギラッギラッギラッ



ハイカースト神輿




強さ(なんか羽根降ってくる)



ここから和エロ来るとは思わないじゃないですか。そもそもゲネ終わりにネット記事で曲名解禁されて『JAPONICA STYLE』って字面見たらまず(ジャポ……?えっなに学習帳…?)って思うじゃないですか。それがフタ開けたらビックリ大好物和エロて。SixTONESのこと強さで殴りつけてくる戦闘タイプ(褒めてる)だと思ってたから和て…そんな…和て……いや強いんですよJAPONICA STYLEも…強いんですけどなんかこうストリートファイターだと思ってたのに侍道だったみたいな……(わかりにくい)


あとさっきも書いたけどあの扇子が、扇子がですね、センスがいい(CV:ジェシー)じゃなくていやそうなんだけどあの黒髪文学系サブカルホイホイこと松村北斗さんいらっしゃるじゃないですか、松村北斗さんが扇子を投げます。



松村北斗さんが扇子を投げます。





これです。

なんかもうすごいヤバイ……ヤバイんや………




ともかくまずはビジュアルが絶対ジャニオタが好きなやつだと思うので一見の価値ありと強く主張させてください10日放送の少クラを見て




◾︎ココがヤバイぞ!JAPONICA STYLE②
〜和エロの“エロ”を担う布〜

9月から上演されております舞台『少年たち』にて披露されてきましたJAPONICA STYLE、ツイッターのTLにご観劇のオタクがいたら「布がヤバイ」という旨のつぶやきをご覧になった方も少なくないのでは…

布がヤバイって具体的になんやねんって感じだと思うんですが、本当に布がヤバイ

ちゃんと説明しますと曲中、Cメロにあたるところで横並びになるメンバーの後方へと、急に上から布が降りてきます。それこそカーテンのように6人の位置に合わせて6色の布が。布の前でしばらく踊るのですが、ラストのサビでそれぞれが吊るされた布とお戯れになる___

その様子を語彙を捨ててギュッッッとした結果「布がヤバイ」という表現になります。


が、


10日に放送されます少クラでの初披露JAPONICA STYLE、諸事情によりこの布がないです。


えっこいつここまでなんかそのよく知らないけど布のこと語っといて見ろって言ってる映像にはないの?笑 ウケwwww

って思った方へ、


なければないである意味ヤバイんだこれが__


布とお戯れになると前述しましたが布がない収録時にも布がない状態でエアお戯れをなさったとのことですのでつまるところさなぎから解き放たれた蝶みたいなもんですよ。以下布なしの報せを受けた私の様子↓








もうなんか難しいのでとにかく見てください………放送を見て……





◾︎ココがヤバイぞ!JAPONICA STYLE③
〜耳に残る歌詞とメロディ〜


なんかAmazing!!!!!!のブログの時もやたらめったら歌詞について力説してたオタクなんですけどまた歌詞です。10日になれば正確な歌詞がわかるんですけどとりあえずそれまでの間の歌詞(仮)がこちらです。







なんか風情すごくないですか……?字面が綺麗。


もうあと数日で放送されるのでAmazing!!!!!!の時ほどなんとかここで伝えようという気力が湧かない(じゃあなんで書いた)(見て欲しいからなんだけど)(見て欲しいからには熱意込めて力説するべきなんだろうけど見たらわかるの一言に尽きるから)


この綺麗で風情ある言葉の並びに、なんかもうすごいメロディに、ジェシー京本大我くんを筆頭としたSixTONESの歌声と全てが合わさるとなんかもう本当にすごいので…耳にも訴えてくるけど前述の通り目から入ってくる情報量もヤッッッッバイので私も歌詞がすごくすごいことに気付くまで時間がかかりましただって舞台って下に歌詞出てこないから、、テレビで放送されるってすごいですよ今見てる人がどんな言葉を発してるのか一言一句正確に教えてくれるんですもん何の話だ




一個前のオリ曲で「お前ら絶対裏切らないから」「抱きしめて離さないぜ覚悟しろよ」とか言ってた人たちが「華麗に舞う」とか「夢 恋 桜」とかお歌いになっているの何そのギャップもう耐えられないじゃないですか。なんならもっと前のオリ曲では「Be crazy 本能のまま」とか「ギラギラギラ稲妻」だったのに「夢 恋 桜」ですよ。インザストームで守ってくれてた人たちが舞う花の眩しさを問うてくるんですよ。


「せいぜい頑張れNo.2」って言ってた人が「運命感じるかも 人生変えるかも」って…そん……そんな顔も出来…えっそんな…そんな感じの……ってなります。

最後のやつは田中樹さんのパートなんですけど本当に。あの世の爆モテ・パリピ・ハイカーストをギュッッッてしたら出来たみたいな田中樹さん(顔が良い)がオーバーサイズの和柄スカジャンを身にまとい扇子を持ちながら「運命感じるかも 人生変えるかも」って。運命があるかもしれなくてなおかつそれが人生を変えるかもしれないなんてことを……えっしんどい………すごくしんどい…………ちなみに2番では諸行無常でも果敢に挑む」を担っていますしんどい。


諸行無常(しょぎょうむじょう)
この現実の世界のあらゆる事物は絶えず変化し続け、決して永遠のものではないということ



ウワァン…強い…………永遠じゃなくても果敢に挑む田中樹さん………………


私情の極みみたいな方向に逸れて参りましたがここ本当にこの田中樹がヤバイ2017のひとつなので(まだあるんかい)放送された暁には是非、是非ご覧に入れてください。





もう本当とにかくあの

見たらわかるから一回見て

ということを伝えたくてここまでなんとかアレしてきたので、11月10日放送のザ少年倶楽部SixTONESの新曲JAPONICA STYLEが放送されるので見て下さいよろしくお願いします。




とにかく見て

*1:3ヶ月前のもレポツイ貼っただけの手抜き記事なので実質4月末以来

*2:Myojo12月号掲載プロフィール参照

*3:田中樹さんは和柄スカジャン(しかもオーバーサイズ)を着用

*4:雑誌対談によるとなんかみんな選択の余地があって各自各々いや各自わりと好きなようにチョイスしたらしいという前情報も加えた上でぜひ衣装にもご注目ください

*5:初見私氏「むり大勝訴天才」