(ここにタイトルを記入)

ハイカーストの波に溺れる

Jr.担にだけはならないと思ってたのに新橋演舞場で背中蹴り飛ばされた


ここ数ヶ月で私の身に起きたほんとうにあったこわい話をしますが、数ヶ月でもないわ1ヶ月だわ、書き終わった今ところどころ各位から石を投げられそうな気もしています。石は投げないでくれたら嬉しいです。星を飛ばしてくれたらもっと嬉しいです(強欲)。



1月25日 サマパラ(Blu-ray)を買う

ここ数ヶ月間少クラを録画し始めたり家にある解体をサボり続けたドル誌のJr.のページも読んでみたりなんかしちゃったりしてなんとなくJr.にも興味持ち始めていたのと、ハイカーストハイカーストかけてハイカーストで味付けしてハイカーストで包んだ夏こと『風 are you?』を見てみたかった。あと私の周りの日々様子がおかしい素敵なジャニオタ達がみんな「実質タダ」って言ってたから軽率にポチった。*1
ちなみに視聴後の私(本当にこれやった)


長くなるから感想は省くけど
サマパラは実質タダです。




1月26日 Jr.祭りに当選する

私が1番ビックリである。軽い気持ちでPay-easyしたものの全く働いていなかった名義、なんかすごい祭りやるみたいだし年会費が廃ると思って申し込んだら当たった。マジか。一旦お手持ちの石を置いて聞いてほしいんですけど、いや振りかぶらないで、置いてください、ステイステイ、


私氏、この時点で誰のうちわを持つかが決まっていない。


あっ痛いっマジでごめんなさい連番予定の方にはちゃんとJr.に担当がいたので!許してください!!!

ちなみにこの時点では(少クラは結構見てたので知識は一応あり)推し見つけるならLove-tuneSixTONESの中からかな〜くらいのスタンスでした。そこから何故スト(SixTONESの略称)1択に絞ったかはわりと正当でもあり不純でもあるんですけど健康にオタクやるためには重要な理由でして*2、だから正直Jr.ならスト担やるか〜って決めた動機はめちゃくちゃフワッとしたものでした。




2月2日 ノリでTwitterアカウントを作る

アイコンは上記の引用をご覧の通り、垢作るちょっと前にテレビで放送してた千と千尋に出てくるオオトリ様です。そんなに本格始動するつもりもなかったのでアイコンもノリで決めた。(後日、結果的に自担となる人物が撮影オフカットにてどっからどう見てもたべ◯子どうぶつらしきお菓子を食べているのを特定したため現在はた◯っ子どうぶつアイコンと相成りました)

それからスト担としての自我を形成すべく「とりあえずSixTONESが好きな人でおもしろそうな人をフォローしよう!」と、オオトリ様アイコンのまま数人の方をひっそりとフォローする。と、
数人の方からフォローを返される。

(私:なんでこの人たちアイコンが瞳孔開いたヒヨコ的な何かの作りたてアカウントをフォロバして下さるんだろう!!?!?)
なんなら発売された週間テレビジョンを買い忘れないように「ジョン」って名前にした状態だったのに…ヒヨコのジョン…ファーストコンタクトがジョン……未だに甚だ謎である。その節はありがとうございました。


とまぁこんな感じに、スト担の輪を数メートル離れたところから眺めようと試みたら思いもよらぬ形でスト担の方からにじり寄られた (言い方)。なんか、なんかすごい。SixTONESに心が傾きかけてる今の私に追い風しか吹いていない。別の学部の講義に興味本位で潜ったらバリバリ専攻してる人たちと友達になれたみたいな。なんだこの例え我ながら分かりにくいな。しかしこわい。アッス!なんか自分ストンズのこと良いなって思い始めてるんスけどまだ誰担とかわかんねッス!ウッス!(そろそろ石とかじゃなくて殴られそう)




2月 TLが愉快なので基本ずっとふざける


ジェシーさんが人生初のブリーチ染髪の際、いろんな角度からの自撮りをSixTONESのグループメールに送りつけたというエピソードから

こんな調子で芸人の血が流れてるが故に変なツイートしかしない日々を送る。スト担のこと(炎)(ドクロ)戦闘民族(ドクロ)(炎)だと思ってたけどアホみたいなツイートに反応してくれるし語彙と感性がブッ飛んでる個性的で愉快な方々だった。あと今気付いたけど自分のツイートに笑っちゃった報告RTしてる人いるんだが恥ずかしいからやめてほしい。




2月20日 はじめての新橋演舞場、はじめてのSixTONES


我ながらスパンが早い。TLがスト担で溢れると自然と魅力に気付かされ染まっていくもので、何を隠そう
18日から流れてくる東西SHOW合戦*3のレポが総じて神がかってる。

私スト担しかフォローした覚えないのにTLにいる人みんなSixTONESに担降りする😭😭」って言ってる。何を言っているのか分からないと思うが私にも分からない。公演がそもそも神なのかレポを流す人の語彙が神なのか恐らく両方なんだけど、こんなん行きたいに決まってる

死ぬ気でチケット探したらなんと同行者が急遽行けなくなった方に運良く同行させて頂けることになり、アカウントを作って1ヶ月と経たずに生のストンズさんを見ることになる。




しかしこの日、風が強い。あまりの風の強さで家を出て5秒で前髪が吹き飛ぶ。結構な路線の電車が止まる。


ギリッギリッギリッ迂回路!(うるせえ)




最初で最後の1公演だったのでとにかく目に焼き付けようと思ってヒィヒィ言いながら見てたから記憶力も定かでないし延々レポする気もないんですけど、とりあえず「まずは東のこいつら(ニュアンス)」的なアナウンスかかって幕開いてデデデンデンデンデン……ってあのIN THE STORMの不穏かつ強そうなイントロが大音量で鳴り響きながらなんか三角のやつがヴーーンって開いてそこに遠目から見てもラスボスが6人並びましたみたいな人たちが立ってらして、


ギェェェーーーーッ




ってマンドラゴラもビックリみたいな叫び声上げると同時に双眼鏡を持つ両手と両足からサーーーーーッて血の気引いて四肢取れるかと思った。なんなら耳も痺れてた。
初見の感想が「強い(確信)」なアイドルってマジでKAT-TUN以来じゃなかろうか。何を隠そう私のジャニオタ人生は永遠の新規ごく出の赤西担から始まったのである。いや別に隠してないけど。



叫んだり涙目になったり手叩いて笑ったりまさか初めての菊池風磨さんを新橋演舞場で見ることになったりなんだりの2時間ちょっと*4を終えた私↓







ビッッックリするくらい田中樹さんしか見てなかった。






それくらい目を奪われた。この人の一挙一動を見逃したくないって必死で追ってた。あぁ私田中担なんだって思った。本当自分でもビックリした。4曲目あたりで初めて北斗さんを目視して脊髄反射で「エロッ」って思ったりもした。あとジェシーちゃんの脚は上から見て体感で5メートルくらいあったから実際は6.5メートルくらいあると思う。田中樹さんばっかり見てたけど、とにかくすごかった。凄まじかった。2時間ずっとビリビリしてた。メモ持ってたけどBE CRAZYとか「さいご うしろからライト デビューしてる」しか書いてない。遺言かよ。



語彙とか全部新橋に置いてきたからクソみたいな感想しか言えないんだけど、「えっスト担やりたい」って5万回くらい思った。



なんかね、本当ね、強い。SixTONES強い。ギラッギラしてる。華々しいとかオーラとかそういうのじゃなくて、ギラッッッギラしてて、とにかく強かった。




所詮Jr.のユニットだし、これから先どうなるか分からないことなんて重々承知だけど、(だからJr.担には絶対ならんってずっと思ってたんだけど)それでも付いて行きたいし、付いて行けるなって思った。付いて行ったら絶対楽しいなって。見たいものを見せてくれて、聞きたい言葉をくれるから。



5万5000人の前に立つSixTONESを見れる未来に賭けてみたいから。



っょぃ(確信)




そんな訳で、Jr.担、もとい田中樹担、はじめました。




ジャニオタ人生(ブランクもあったけど)そこそこ長けれど、その中でも恐らくダントツ1番ヤバイ刺激的な人を担当に据えてしまったなぁと思ってます。だってヤバイじゃん(いろんな意味で)(いや濁した意味)。ヤバイのなんて百も承知で目を離せなかったんだからしゃーない!!!!


彼らや、彼らを好きな人に持たれている世間のイメージがどうであれ、たった1日、たった2時間ちょっとSixTONESというグループのパフォーマンスを、SixTONESというグループが作り出す空間を生で見ただけで「あぁ、私はこの人たちに付いて行きたいし、この人たちが東京ドームで火柱ぶっ放してくれるまで死ねない」って腹くくれた。腹くくって早々に数件の洗礼を受けたりもしましたけど。何の洗礼だよふるいにかけられてんのかよ。こちとらジャニオタになるきっかけを作った人はいたりいなかったりして今はなんか中国にいるしその後いいなと思い始めたグループにはだいたい同じタイミングでスキャンダル出るしで何かと慣れてんだよ。心中はお察ししないで大丈夫です。強く生きています。

なんか担降りブログみたいになってしまった…でも降りるってちょっと語感が嫌じゃないですか?私いつぞや見かけた担昇りって言葉めっちゃ好きなんですよね…でも果たして私のコレは担昇りなのだろうか……決意表明…?決意表明ブログ。


ともかく、とんっでもないビリビリとワクワクに出会えたのは東西SHOW合戦があったから。ありがとう東西SHOW合戦。またいつかどこかで東西SHOW合戦。
全16公演、おつかれさまでした!




これからも「スト担になって良かった」って思わせてくれよな!!!




もう思ってるけど!!!!





最後にそんな素晴らしかった東西SHOW合戦の円盤化要望メールフォームがこちら!
DVD化ご希望作品:お問い合わせ窓口-お問い合わせ|松竹株式会社




ほら!!
DVD化ご希望作品:お問い合わせ窓口-お問い合わせ|松竹株式会社




上演作品名が長くてめんどっちいって人はここに正式名称書いとくからコピーしてからリンク先に飛ぶといいよ!!!ハイ!!!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
SixTONES×西関西ジャニーズJr. SHOW合戦
↑ ↑ ↑ ↑ ↑






さり気なくスルーしてるの分かってるんだからな!!!!
DVD化ご希望作品:お問い合わせ窓口-お問い合わせ|松竹株式会社




*1:サマパラは実質タダです(2回目)。

*2:すごく簡単に言うと個人的に苦手な人がLove-tuneに推しを見つけあそばれたので逃げた。同じ界隈にいるのが嫌だった。我ながらクソで申し訳ないけど今となっては全く後悔してないし人生なるようになるもんだと思う。

*3:2月18〜26日の間に新橋演舞場にて全16公演行われた、ザックリ言うと関東のJr.と関西のJr.が対決するぜ!みたいなコンセプトで歌ったり踊ったりコントしたりするやつ。関東からはSixTONESの6人が、関西からは室龍太くん、向井康二くん、西畑大吾くん、大西流星くんの4人が出演。数の利とか言わない。

*4:出演者たちもノープランの菊池風磨氏登壇×2で若干延びた。2部なので延ばすことを辞さない向井康二さん「夜やからね!」