(ここにタイトルを記入)

ハイカーストの波に溺れる

Twitterに投稿できる動画が140秒までになったことから見られる弊害

 

単刀直入に言います

有料コンテンツをアップするな

 

私がここで言う有料コンテンツとは、MVやPV、ライブ・コンサートDVD等の「お金を払って購入して見ることが出来るコンテンツ」を指します*1

 

30秒のうちはごく一部しかアップできなかったし(中には分けてアップしてる強者もいたけど)まあ仕方ないかなくらいに思ってたんですが、上限増えた途端フルで流れまくってるじゃないですか…。

「140秒までアップできるようになった、コンサートDVDのあの曲がフルでアップできる、みんな見て!かっこいいから!」

そんな考えかもしれません(申し訳ないけど8割はRT稼ぎだと考えてます)(正直なんでお金払って購入したものを無償で公開したがるのか私には理解できないけど…というか自分では買わずに別の場所から拾ってきたものをさらに転載するというもっとタチ悪いのもありそうですね)

 

でも、その動画は一定の人がお金を払って買ってくれるという需要があることを見越して動画として世に出すことになったものです。

当然ですが映像にするのだってお金がかかります。

お金をかけて商品にするのは「買ってくれる層」がいて「利益になる」からなんです。

 

そりゃそうだよ、アイドルだって慈善事業じゃないんだから稼ぎが出てナンボです。

 

「買わなくても見れる」状況をつくるのはあなたの応援しているアーティストにとってなんの得にもなりません。むしろ損です。

 

利益が減るなら露出だって増えません。

 

正直言って、有料コンテンツをバンバンTwitterに上げている人が「〇〇早くDVD化して欲しい」なんて言ってもなんの説得力にもなりません。DVDになってもあなたが上げる動画を待って買わない人もいるかもしれないのに。あなたが売り上げを減らしているかもしれないのに。

 

早売りや雑誌の写真を多数アップすることも同様で、本来お金を出して手元に残すべきものお金を出さなくても手元に残せるようになっていることに疑問を持っているんです。

それがなんの抵抗もなくまかり通っていることにも。

 

雑誌の内容を写真に撮ってアップすることも当然のように為されていますが、出版社各位からもお達しがあるように犯罪行為とみなされてもおかしくありません。

 

スマホ1つでできる簡単な行為で、あなたの応援するアーティスト自身の、そしてそれを取り巻く環境の収益を大幅に減らしていることを理解してください!!

 

アーティストを応援する気持ちがあればそれでいい、なんて綺麗なことも言いたいですが、活躍の場を広げるためには需要があることを示すのが一番効率的なんです。

 

「出せば売れる」「使えば売れる」そう思ってもらえれば新曲だってタイアップだってしてもらえるはずです。だって利益が出るんだから。

 

お金を出さなければ見れない、手元に残らないはずのものを無料で見られる場にアップすることは、アーティストの収益を、活躍の場を減らすことにしか繋がりません。

 

ファンのイメージが悪ければ当然アーティストのイメージだって悪くなります。

 

 

本当に応援しているなら、ファンとしてどうあるべきなのか。

 

「早く見たいから」「たくさんRTしてもらえるから」「みんなやっている」だけでTwitterを無法地帯にしないでほしいと思います。 

 

 

(追記)

「買うきっかけになることもある」という意見も見かけますが、たとえ「見て!こんなのがあるんだよ!」といった購買意欲促進のための行為だとしても、善意であったとしても、そもそもSNSにアップするという行為自体が制作側や出版社側からは止められていることなので、どういった気持ちや狙いであれ褒められた行為ではないと思っています。

 

SNS難しい!!!!!でも1ファンの大衆に見える行動は応援してるタレントのイメージとも無縁ではないことを頭に入れて賢く使おうよ!!!せっかくTwitter楽しいんだから!!!!!!

 

 

以上です!!!!

 

 

*1:テレビやラジオ等の電波で配信されているものに関しては、見るのに別途お金はかかりますが一番組を見るためのみのお金ではないので除くこととします